1. 東京脊椎クリニックトップ
  2. 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアといえば腰椎ヘルニアの事だと最近では広く認識されるくらい頻度の高い疾患です。
そもそも「ヘルニア」とは、臓器や組織の一部が組織の隙間を通って本来あるべき場所ではない部分に飛び出している状態のことです。
そのためヘルニアと言われると腰のヘルニアとイメージされがちですが
代表的なものとして鼠経ヘルニア、大腿ヘルニア、脳ヘルニア、食道裂孔ヘルニアなどがあります。
そして一番有名で頻度が高いのが腰椎椎間板ヘルニアです
腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎椎骨の間でクッションのような役割をする椎間板が変性して突出し、近くにある神経を圧迫することでさまざまな症状を引き起こす病気です。


腰椎椎骨は背骨を形作る骨で、腰部の5個存在します。
姿勢を維持する支柱としての役割や、脊椎の中心部にある脊柱管と呼ばれる管状構造の中を走っている脊髄を守る役割を持ちます。
脊髄は脳から出て椎骨の中を通り腰部まで走りますが、一つ一つの椎骨の間から左右に二本の末梢神経を出して、
その周辺部分の運動や知覚を司ります。


腰椎椎間板ヘルニアでは、この脊髄や末梢神経が飛び出した椎間板によって刺激されることで、
麻痺、痛みやしびれなどさまざまな症状が生じます。多くは頚椎・腰椎に起こりますがまれに胸椎(背骨)にも起こります。
5つある腰椎のうち、4番目と5番目、5番目とさらに下にある仙骨の間に生じることが多いです。

 

原因

年齢による老化で椎間板の弾力性がなくなり、長期に渡ってじわじわと椎間板が変形していくケースが多いのですが
若い方だと交通事故や高いところから落ちるなど、一回の強い衝撃で椎間板を痛めてしまうことがあります。
また長期間の立ち仕事や中腰などの姿勢が多い方(特に女性の方は、家事や育児で中腰の姿勢を取ることが多い)
重たいものを持つ仕事の方、長時間同じ姿勢で座って仕事をされる方も同様に椎間板が飛ぼ出してくる可能性があります。
腰椎椎間板ヘルニアは、性別や年齢に関係なく、どなたでもかかり得る病気と言えます。

症状

腰椎椎間板ヘルニアの初期症状

初めの症状は腰痛ですが、だんだんと下半身の腰から足先までの痛みやしびれの症状がみられます。
特に、おじぎなど前かがみになった時や、イスに座った時などに痛みが増します。

腰椎椎間板ヘルニアが悪化すると

下半身の麻痺(力が入りにくい、歩きにくい、つまずきやすい)
排尿(尿もれ・頻尿・出ずらい)
排便(便秘・下痢・便がもれる)に支障が起こることもあります。

診断・検査

肢伸展挙上試験(膝を伸ばしたまま下肢を挙上し坐骨神経痛の出現を見る)や下肢の感覚が鈍いかどうか、
足の力が弱くなっていないか等で診断します。
さらに、X線(レントゲン)撮影、MRIなどで検査を行い診断を確定します。


ただしレントゲンでは微妙な椎間板の状態がわからないためMRI検査が一番確実な検査です。
逆に言えばMRIがない施設では腰椎椎間板ヘルニアであると確定診断はできない事になります
当院にももちろん完備しています。

治療方法

腰椎椎間板ヘルニアは自然治癒することもあるため、まずは、保存療法から治療が進められます。

保存治療

痛みが生じないような姿勢で安静を保つ
ストレッチ
コルセットなどの装具を使用します。
痛みの程度によっては湿布や鎮痛薬を使用することもあります。

神経ブロック

保存治療で改善が見られない場合
神経根ブロック
痛みのでている神経を確実に捕らえて、そこに局所麻酔薬を打つ方法です。

硬膜外ブロック
腰痛だけでなく、足も腰も両方痛むという人には有効な方法です。
この注射はペインクリニック外来でできます。
腰から注射する腰部硬膜外ブロックと、おしりの方から入れる仙骨裂孔ブロックがあります。
どちらも長い針を神経の通っている骨の穴(脊柱管)まで入れて局所麻酔やステロイド薬を注入する方法です。
この注射をした後は、下肢に力が入らなくなるので30分くらいは休んでから帰ってもらいます。

ヘルコニア注射

最近で開発されたコンドリアーゼを有効成分とする新規の腰椎椎間板ヘルニア治療剤
を直接椎間板の真ん中へ注射しヘルニアを小さくする方法です
局所麻酔で行います。
まだ新しい治療でヘルニアの状態によっては効果が不十分な場合もあります

手術療法

保存的療法が治療の基本となる腰椎椎間板ヘルニアですが
保存的治療やブロック注射でも改善が見られない場合
肛門がしびれた・麻痺が出たなど重篤な症状が見られる場合には、
外科的治療が必要なこともあります。
椎間板ヘルニアの影響で足の筋肉が衰えている場合や、日常生活に支障をきたすほど症状が重い場合も同様です。
特に、「排尿・排便障害がある場合」には、緊急の手術が必要です。

手術法
全身麻酔下で飛び出したヘルニアを外科的に摘出する方法です
摘出する椎間板が大きい場合、椎体の安定性が得られない場合は金属による
固定術を行う場合があります。

  • 椎間板ヘルニア後方摘出術(Love法)
  • 内視鏡下ヘルニア摘出術(MED)
  • 顕微鏡下ヘルニア摘出術(MIS)
  • 椎体固定術

最新のお知らせ

症例一覧

手術一覧

症例一覧

手術一覧

アクセス・診療受付時間

ACCESS
〒114-0013 東京都北区東田端2-11-11
■車でお越しの場合
首都川口線 扇大橋出口(尾久橋通りを東京方面へ約20分)/駐車場4台あり
■電車でお越しの場合
田端駅北改札口から徒歩4分/尾久駅から徒歩8分/赤土小学校前から徒歩10分
03-6807-7078
標榜科目 脊椎・脊髄外科,整形外科,脳神経外科,麻酔科,ペインクリニック内科
設備 レントゲン撮影/CT/MRI/手術室2室
 
診療受付時間
8:45〜12:00
診療時間/9:00〜
14:00〜17:00
診療時間/15:00〜
○脊椎外科/◎脊椎外科・ペインクリニック