1. 東京脊椎クリニックトップ
  2. 腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症

腰椎変性すべり症は腰椎が前後にずれてしまう疾患です。中高年(40~50歳程度)の特に女性に多いのが特徴で、腰椎の4番目と5番目よく見られます

背骨は椎骨と呼ばれる骨がいくつも積み重なってできています。椎骨には椎孔という穴があいていますが、
椎骨がいくつも縦に連なることにより、椎孔も連なり、一本のトンネルのようになります。これは神経の通り道となる脊柱管です。


脊柱管の中には神経(脊髄、馬尾神経)が通っています。
すべった腰椎が不安定性(ぐらつき)をともなって脊柱管が狭くなり神経を圧迫して以前に説明した脊柱管狭窄症のような症状が出現します

原因

多くは加齢とともに腰椎の椎間板や関節・靭帯がゆるみ、椎間関節が変性し、腰椎が正常な位置からずれてしまいます。
また中高年の女性に多いことから、出産や体重増加が関係しているのではないかと言われていますが正確な原因は分かっていません。

症状

原因は異なりますが、最終的に起こっていう病態は腰部脊柱管狭窄症と同じですので似たような症状見られます。
腰痛の程度はすべりの状態により異なりますが比較的少ないという報告もあります。
代表的な初期症状は休み休みでないと歩けない間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。
間歇性跛行とはしばらく歩いていると、脊椎に負荷がかかりせまくなっている脊柱管で神経が圧迫され、足腰に痛みやしびれを感じ歩行困難になりますが、しゃがんだり、前かがみになって、神経の圧迫が解放されるような姿勢で休憩すると、また歩けるようになります。

進行してくると肛門がしびれ両足の麻痺(馬尾症状)、腰痛増悪
さらに進行すると排尿障害(尿漏れや尿の排出困難)、排便障害を起こす場合があります

診断・検査

X線(レントゲン)撮影、CT、MRIなどが行われます。
腰椎がすべっているかの判断はX線(レントゲン)のみで判断できますが症状が出ている場合の神経の圧迫の程度やその部位を特定するにはやはりMRI検査が適しています

治療

初期治療としては、腰痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などを処方し、症状の軽減を図ります。
脊柱管狭窄によって馬尾神経が圧迫されて生じる下肢痛やしびれなどの症状に対しては、馬尾神経の血流を促進する末梢循環改善薬や神経障害性疼痛治療薬が処方されます。
その他の保存療法として温熱療法や牽引療法、また痛みに対して神経ブロック療法を行うことがあります。

保存治療

温熱療法
患部を温めて血流を促進し、症状を和らげる

牽引療法
縦方向に腰部を引っ張る医療機器で腰部を伸ばし圧迫を解除する

内服治療
痛みを和らげる薬(消炎鎮痛剤)、末梢血管を広げて神経の血流を増やして症状を和らげる薬(リマプロスト)
中枢神経に作用して過剰に興奮している神経を鎮める薬(プレガバリン、オピオイドなど)等で症状が改善する場合があります。

神経ブロック

保存治療で改善が見られない場合

神経根ブロック
痛みのでている神経を確実に捕らえて、そこに局所麻酔薬を打つ方法です。

硬膜外ブロック
腰痛だけでなく、足も腰も両方痛むという人には有効な方法です。
この注射はペインクリニック外来でできます。
腰から注射する腰部硬膜外ブロックと、おしりの方から入れる仙骨裂孔ブロックがあります。
どちらも長い針を神経の通っている骨の穴(脊柱管)まで入れて局所麻酔やステロイド薬を注入する方法です。
この注射をした後は、下肢に力が入らなくなるので30分くらいは休んでから帰ってもらいます。

手術療法

保存的治療やブロック注射でも改善が見られない場合
肛門がしびれた・両足の麻痺(馬尾症状)が出たなど重篤な症状が見られる場合には、外科的治療が必要なこともあります。
特に、「排尿・排便障害がある場合」には、緊急の手術が必要です。

代表的な手術は固定術になります。

すべりの程度が軽度な場合は脊柱管狭窄症の手術と同様脊柱管を削って広げる手術のみで改善することがありますが多くの場合椎体と椎体がずれているため固定術が必要な場合が多いです。
すべりを起こしている背骨部分を自分の骨や金属でつなぎ、さらにずれてこないよう骨どうしをボルトで固定する方法です。
詳しくは手術法の解説を次回以降致します。
術後は固定した部分が安定するまではしばらく時間がかかります。
しばらくの間はコルセットを使用し安静にする必要があります

  • 腰椎後方固定術(P-LIF/T-LIF)
  • 腰椎側方椎体間固定術(XLIF)

出典:※日本整形外科学会「腰椎変性すべり症」

最新のお知らせ

症例一覧

手術一覧

症例一覧

手術一覧

アクセス・診療受付時間

ACCESS
〒114-0013 東京都北区東田端2-11-11
■車でお越しの場合
首都川口線 扇大橋出口(尾久橋通りを東京方面へ約20分)/駐車場4台あり
■電車でお越しの場合
田端駅北改札口から徒歩4分/尾久駅から徒歩8分/赤土小学校前から徒歩10分
03-6807-7078
標榜科目 脊椎・脊髄外科,整形外科,麻酔科,ペインクリニック
設備 レントゲン撮影/CT/MRI/手術室2室
 
診療受付時間
8:45〜12:00
診療時間/9:00〜
14:00〜17:00
診療時間/15:00〜
○脊椎外科/◎脊椎外科・ペインクリニック